読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいレジは打ってみたい

9月の終わり、久しぶりに前のバイト先に顔を出しに行った。レジが新しくなってた以外は本当に何も変わってなくて、あ〜懐かしいなぁって。前働いてたから、自分が消費者として行くと何か変な感じ。辞めてから半年しか経ってないけど、完全なる消費者目線で見てしまう。まぁ消費者なんだけど。働いてたら、働いてる自分が中心となって見てしまうから、お客さんから見たら〜とかそんなこと考える余裕なかったなぁ。考えても、結局自分目線だったような気がする。

 

パートの人にも久しぶりに会って、元気そうで嬉しかった。人が足りてないこともあって、また働かない?って結構言われてそれしか言う事ないんかよって思った。たぶん、それしか言う事ないんだろうな。もう来なくていい、より、また働かない?って言われるだけありがたいのか。ポジティブに考えると。

 

お世話になったんだから、また働いてくれたら助かるのに〜なんて、言ってる事はわかる。でも、お世話になったから働いてあげるって、何その心の優しい人間…。自分の気持ちを犠牲にして、働けって言うの?そもそも、スーパーで働いてたのは、その時のお小遣いを稼いでたんじゃなくて、4回生、働かなくていいようにお金を貯めてたからなのに、また働くって何のために働くんだろう。来年から正社員として社会に出るのに。もうこの学生生活のこの時間、最後なのに。アルバイトなんて本当に無駄な気がする。私の大事な時間。ふらふらしてないでさぁ〜って言われたけど、ふらふらはしてない。どこかのヤンキーと一緒にしないでほしい。シフト制じゃなくて、固定だし、学生としては辛い。あの頃の私は頑張った!働きません!!!

 

 

パートの人をバカにしてるわけじゃないし、パートの人がいるから成り立つこともたくさんあることはわかる。でも、私だったらお世話になったから〜とかじゃなくて、もっと効率的に働きたい。何年働いても時給800円だなんて、まぁここが慣れてるしなんて、何も変わらなくない?まぁ、何十年後かにはそうなってる可能性も無きにしもあらずなんだけど。